旬といえば2019

実は、卵にも旬があります

一年中、かわらずほぼ一定の価格で手に入る食べものという印象があるかと思いますが、実は卵にも、旬があります。
と言っても、あまりピンとこない方がいらっしゃるかもしれませんね。
長くなるのでご興味のある方は、以前に書いたブログ記事がありますのでどうぞ、お時間のある時に。


旬といえば (2015年2月26日の記事)

というわけで、春は、卵の産卵が多め。この記事を書いた時には数羽でしたが、現在は微妙に多い10羽。その理由はこちらのブログ記事にあります。同じくお時間のある時にどうぞ。

昔の名前で出ています「四万川の平飼い卵」(2017年8月5日の記事)

と、いうわけで、「いまなら」瓶詰めに同梱で、平飼い卵(6個入り)を入れることができます!
ゆうパック最小の60サイズでしたら、瓶詰め数個にプラスして同梱できるの卵は6個入り1~2パックまでです。
餌のことなど詳しくは商品ページをご覧くださいね。

平飼い卵(6個入り)商品ページはこちら

10年近く平飼い採卵養鶏をしておりましたが2009年ごろに大幅縮小しました。
その経緯については下記のブログ記事にありますのでこちらもお時間に余裕のあります時にどうぞ。

 養鶏の縮小と加工品への取組 (2010年1月のfacebook投稿記事を再掲)

オットfacebookをフォローしていて…友達にはなってません(笑)…たまにチェック、あとで使えそうな写真があれば、保存しているんですが、10月15日、はて?と思ったら、お留守番をお願いしていた日でした。(鶏の担当は普段は私なんですが、写真を最近撮ってなかったなぁ、と気が付き、ありがたく保存したのでした)

あちこちに書き散らしたり、下書きトレイに入ったりと散逸していた記事を一本にまとめようと思ったのは、昨年4月のオットfacebook投稿を見て、これはまとめておくべきだと思い、ほかにやることも多々あるのですが、お尻に火が付きました(笑)

このブログ記事、読んだことあるぞ?という印象を持たれた方!
いらっしゃいますか?そうです、大正解!!!
2018年4月11日の記事リライトです。なお、リンク切れをひとつ見つけて復旧しましたのでたまには古い記事を見直すことも重要ですね!

一応、問題の(笑)2018年4月オットFacebookも貼っておきますね

「春は卵の季節」その昔3桁の数の採卵鶏(ひらがい有精卵。自家配合発酵飼料)農家でした。*やめた経緯は掘れば出てくるかな?今では数羽の自家用庭先。*鶏糞は死ぬまで使いきれんくらいあるので。黄身は薄いレモンイエロー。味はあっさり。某…

谷川 徹さんの投稿 2018年4月9日月曜日