新作リリース!生姜×シナモンジャム

今シーズンは新作や旧作の復刻がいろいろお目見えしますよ~!
乞うご期待。

まず第一弾は・・・

生姜×シナモンジャム。

生姜は暖かいところの作物なので、あまりたくさんの量は作っていなかったんですが(冬の気温が低い当地では保存中にいたんでしまうので)柑橘のジャムに入れる「生姜のコンフィ」の材料になったり、チャツネにアクセントで入れたりと、たいへん重要な作物ではあります。

今シーズンは少しだけ作付けを増やしたので量にやや余裕があるのと、「生姜のジャム」が欲しいというご要望を、先シーズンのうちにおききしていたので、初登場(まったくのはじめて!)となりました。

生姜は、生でそのまま使うよりも、加熱したり、乾燥させたものの方が温める作用が強まるそうです。

からだを温める、ということの重要さを、ここ数年身に染みて感じているので(このことはまたコラムとして書きますね)このジャムはとくにそういう観点でつくりました。

甜菜含蜜糖(さつまいものジャムにも書きました)を使ってゆっくり煮詰め(火が強いと突沸して危険なのです)、スパイスの中でも、とくに温める作用が高いといわれるシナモン(スリランカ産有機シナモン)を加えています。

そうそう、谷川農園産の実生柚子果汁も入っています。

ピリッと辛め。大人の味に仕上がっています。

たっぷりではなく、薄く延ばしてパンやクラッカーに塗ったりチーズに添えるのがおすすめ。
ワインやビールのお供に手軽なおつまみとしていかがでしょうか。

気軽な集まりに美味しいバゲットと生姜×シナモンジャム(そしてワイン、チーズなども)を手土産に。

これからの季節にぴったりですね。

また、紅茶に加えてチャイ風に。
お湯を加えて生姜湯に。
冬の時期に、とてもうれしいホットドリンクが簡単にできあがります!

(明るいところで商品画像が撮れておらず、仮のものでわかりにくくて申し訳ありません)

商品ページはこちら。生姜×シナモンジャム

身体を温めるということの大事さ、のコラムが書きたくてうずうずしてますが、諸作業が一段落してからにします。
タイトル(仮)「冷えとりと〇〇〇〇とわたし」〇〇〇〇は某ロックバンドの略称。←わかるひとにはすぐわかる(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + 11 =