キウイフルーツのジャム、2種。

めいちゃんとみちくさでは、自家産の野菜・果実を主原料に使用、を旨としています。

・・・ですが、安心して使える、農薬のかかっていない果実を使いキウイフルーツのジャムを作りました。

愛媛県で、愛情とお手間をかけ栽培された貴重な果実。

わけていただいたのは、津野町の茶々香さん。

愛媛の果樹園は、茶々香さん曰く「ワンダーランド」だそうです。

たくさんあるので、とありがたくわけていただきました。

ワンダーランドのAさん、そして茶々香さんにも感謝。

グリーンキウイは、果実本来の酸味と香りを生かして、

ミネラル分を含む種子島産洗双糖だけ、を加えシンプルに。


そして、ゴールデンキウイ。

緻密な果肉と甘~~~い芳香に、うっとり。もう少しで生で完食してしまうところでした(笑)

そこを何とか思いとどまりまして、数量限定ではありますが、ジャムに。

自家製生姜のコンフィを刻んだものを入れています。
(柚子+生姜のコンフィジャムに使用のもの、と同じです)

実はこの2種類のジャム、1月中旬に出来上がったのですが

味が落ち着くまで待ち、本日、味見。

期待通り、美味しくなってくれましたので、やっと日の目を(笑)見ることができるように。

・・・酸味のあるものは、できあがってすぐよりも、少しおいたほうが、調和のとれた味となります。

ほんとうに微妙~~~な違いなのですが、味見をする時の

「どきどき、わくわく!」感も、作り手の楽しみのひとつだったりするのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven − six =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください