柿と実生柚子の収穫!

雨が多く気温が高めの秋です。
玉ねぎの定植なども早く終わらせたいところなのですが…、
瓶詰めの在庫が残りわずかになっているものもあり、原材料の収穫もせねばなりません。
雨が上がったこのタイミングを逃してはと、昨日は大急ぎで柿と柚子の収穫を。
どちらも樹高が高く危険なのでオットに採ってもらい、私は下で受け取り仕分けなどを。実生の柚子の樹は上へ上へと伸びる性質があるようで、収穫も命がけ(!?)です。1.8mの脚立を伸ばしているので3.6mの梯子のてっぺんにのっている状態。

まだほんのりと青みが残っていますが、霜が降りる前に収穫しないと果汁が少なくなってしまうそうです。

綺麗に並べた柿、一つだけ、上にのせているやつ。近寄ると…

今年は柚子の収穫量が少ないのですが、柿だけはたくさんあります。
玉が小さいので、皮をむいて種を除いて刻んで…、と下ごしらえにとても時間がかかるのですが、柿(+柚子)のジャム、これから次々仕込む予定です。ピリッとスパイスを効かせたチャツネも作ろうかなと計画中。

柚子のジャムは、収穫後すぐに作るとペクチンがききすぎて、ぶるっぶるの固いジャムになってしまうので、低温で乾燥しないように保存しておき、12月中旬以降~1月にかけてつくる予定です。
2013年にfacebookページの写真アルバムに柚子ジャムの作り方をアップしたのですが、写真をいちいちクリックしないとみられないので、このサイト上のブログか、もしくはクックパッドにアップする予定です。

やっと雨が上がりました。大急ぎで柿とユズを収穫!両方ともやたらと背が高いので・・登ります。使う道具や手元はこんな感じです。特にこの手甲(手筒)は重宝します。なにせユズの棘は強烈なので!

Posted by 谷川 徹 on 2015年11月19日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − 1 =