花が咲く前に、いただきます。

畑の葉もの(白菜その他いろいろ)や、畑の周囲に自生しているアブラナ科は、暖冬だったせいでしょうかトウ立ちがいつもより早いように思います。

先日「おぉぉぉ!これは!」と思うレシピを発見(大袈裟?)して、作ろうと思ったら、調味料で使う辛子がなくて。
マスタードシードがあるので、ゴリゴリ潰してみたけど、どうも全く違うものになりそうなので辛子を買うまで作れず。
畑にある菜の花がなくなってしまう~!と思っていたら、雨のかからないところに植えてあった白菜の菜の花があった!柔らかくておいしいんですよね。

菜の花・辛子・菜種油。

全部、アブラナ科の近縁種です。素晴らしいハーモニーになるのが想像できてつくる前からワクワク。
そしてとったはずのメモがどこへやらで記憶をもとに今晩作ってみました。
いま、もとのレシピと答え合わせしたら全然違ってた!(笑)でも美味しかったです。

菜種油は、風味がぜんぜん違うので圧搾絞りのものが必須です。

え~それから「からすみ」は入手がむつかしく、かわりに薄揚げで。ぜんぜん違うやん!と言われそうですがそれでも十分美味しかったです。

恥ずかしながら一応写真はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × four =