春ですね

愛媛の柑橘の加工に没頭していて、ふと気が付くと、すっかり春になっていました。

我が家から道路を挟んで斜め向かいにある桜の樹も開花。IMGP3052IMGP3056若いころは、桜の花がそれほど好きではなかったのですが、歳を重ねるごとにあぁ美しいなぁとココロにしみるようになりました。

そして、待っていた「すもも」も開花!桜・すももとも、4月4日の写真。IMGP3057
昨年は、開花時期にどしゃ降りの雨が続き結実せず。(ほんとに一つも採れなくて悲しかった)

雨の中咲きはじめたのですが、4月4日は曇り、本日4月5日は晴れ。何とか受粉して結実してくれますように。毎年、お盆の頃に赤くなる「すもも」夏の定番すももジャムの大切な原材料なんです!
実らなければ作ることができません。(2015年は欠品でした・・・)

関西の都市周辺部で「食べものは買うもの」という暮らしをしていた20年近く前、休日に近郊の野山へ出かけ新緑や花を愛でることはあっても、「花が咲き、条件がそろって受粉しないと結実しない。」ということに心を寄せることもなく暮らしていたように思います。
当時と現在の暮らし。さて、「豊か」なのはどちらだろう。
経済活動(納税も含め)という意味では当時の方が活発かもしれませんが、身体やココロは現在の方がはるかに健やかで、かつ幸せ度も高いと感じます。
花を愛でる時に、その先に待っている結実(食べもの)をすぐに想像するのは、単に食いしん坊なのかもしれません・・・。

ど~んと稼いでバ~ンと高額納税する。(テーマ曲は「デーデ」)
というのが、ホントはわかりやすく社会に役立つということなのだとは理解しつつ、かたちは違えど「何か」や「誰か」の為になれるように仕事をしよう。と思います。

皆さんは春に何を想われますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + 18 =