野菜セットの包装・梱包について

資源の節約のため、
野菜セットの発送には、再利用品の段ボール箱や、梱包材として古新聞を使用いたしております。

多くの方に、新鮮な野菜の美味しさを味わっていただきたく、お気軽にご注文いただけるよう、セットの価格をなるべく抑えるため、という理由もあります。

資源節約にご理解いただける方のご注文をお待ちいたしております。

贈り物にされる場合にも、同じ理由から、再利用品の段ボール箱・古新聞を使用いたしております。

野菜セットにつきましては新品の箱・梱包材のご希望がありましてもお応えできかねますので何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

なお、瓶詰めギフトセット(3個入り~)につきましては、簡単なパッケージのギフト箱・紙クッション(何れも新品利用)のご用意がございます。野菜セットに瓶詰めも詰め合わせる場合には瓶詰めギフト箱を中に同梱が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

野菜包装用の袋について

市販されている野菜は大抵、透明度の高いパリッとした風合いの袋に入れて販売されています。

「防曇加工袋」と呼ばれるものなのですが、曇りにくくするための加工がしてあり(界面活性剤の一種と思います)
鮮度が保たれること、見た目のよさから広く一般に使用されています。

谷川農園も、上記の理由(鮮度保持)にて、店頭に並べる場合はこの袋を『やむなく』使用しております。

個人のお客様に野菜セットを直送する場合には、ご希望が多いことから、
防曇加工ではない未加工の袋(薄手のポリエチレン袋)に入れての発送を基本としておりますが、防曇加工OPP袋をご希望の方はご注文のときにお知らせください。

ただし、未加工の袋(薄手のポリエチレン袋)をご希望の場合でも
・お受け取りの時間帯(発送からお届けまでの時間が長い場合など)

・日中の気温(普通便発送の場合、およびクール便発送の場合でも、日中の気温が高いと、集荷の車に載せるまでに箱の中の温度が上がる場合があるため)

・野菜の種類(鮮度の落ちやすいもの)

によっては、鮮度保持のため、当方で判断し、臨機応変に防曇加工OPP袋に入れる場合もありますのでご了承ください。